私のストーリー

菊

初めまして、こんにちは!

おけいこ先生プロデューサー 平野とも子 です。

あなたはきっと、おけいこ先生ですね。。?

今の立ち位置に満足していない、あるいは、もっと成長したい、

未来を真剣に考えている方なのではないかしら?。

 

私も、あなたと同じおけいこ先生です。

週末起業3年半の後、2002年に花の教室を開き16年になりました。

自宅や外部教室、公民館やコミュニティセンター等々、あちこちで教え、

18年、10000人以上の方を指導してきました。

 

現在はこの経験を元に、「おけいこ先生のビジネス学校」を主宰しています。

2013年「お花の先生のビジネス学校」をスタートし

2014年「おけいこ先生のビジネス学校」に再編、

2015年に個人事業から株式会社にして、3期目になりました。

 

 

17年間会社員だった私が、お花の先生になり独立して、生徒に囲まれ、

今は社長となり、お気に入りのサロンでおけいこ先生にお教えしている、

よくここまで来たと、我ながら思います。

 

 

今まで、いろんな事がありました。

学びも感動も、失敗も大損もたくさんしましたが、様々な経験に導かれ

今の自分がいると心から思います。

 

私の経験が、あなたの気付きになることもあるかと思い、以下に、

私の今までを書いていこうと思います。

子供時代

 

196☆年、大阪生まれ。

父は公務員から、当時は、海のものとも山のものとも知れない、

テレビ局に転職するような、やりたいことはやる!、頑固な人でした。

 

せっかく転職したものの、スタジオで過労死が続く状況に会社と交渉、

東京に左遷され、その後、心の病に苦しむことになります。

それでも父は、人はやりたい事をして生きなくては!、と思う人で

「ともちゃん、やりたいことはやりなさい」 よく言われましたね。

 

父を見ているうちに、私は「人の心は面白い!」と思うようになり、

大学では心理学を専攻しました。人のパフォーマンスが上がる時、

下がる時はどんな時? 。。そんな、卒論を書きました。

母は書道家です。 父の東京転勤で知る人も居ない所に移り住み、

でも何かをしたいと、約40年前、書道教室を始めました。

当時私は中学生、母と手作りチラシをポスティングしましたよ。。!

 

日比谷花壇に頼むならやらせて下さい!

 

大学卒業後、勤めた会社は大手のアパレルでした。

バブルの少し前、女性も社会進出させましょう。。みたいな時代で、

営業企画マンとして、かなり自由に仕事をさせて貰いました。

いかに「昨シーズンの」商品を売るか?

オリンピックの選手用スーツの受注をするには?

17年、いろんなことさせて貰い、どれも得難い経験ですが、

最も今、生きているのは、

売れる/売れない は、モノではなくヒトの問題である、という事でした。 

 

何を教えるか? ではなく、誰が教えるか?

おけいこ先生が売るものは、おけいこではなく、先生自体だ、と

常々お伝えするのは、この時の体験が基になっています。

景気のいい時代、花を使うディスプレイが度々ありました。

当時、フラワーデザインを習い始めて数年でしたが、

『日比谷花壇に頼むなら、私にやらせて下さい!』と社内営業して受注。 

終業後に活け込みしていました。

花を選び、買い、活け込む、一週間保たせて、また活け込む。。

このルーティンは、勉強になりました。

楽しくて楽しくて、花にも仕事にものめり込んでいました。

 

 

そのうち、ブーケ制作やらレッスンやら、頼まれるようになります。

社内外の友人たち、お取引先の方、納めたブーケを見てオーダー下さる方。。

秋春のシーズンは毎週末ブーケを作るようになって行きました。

結婚、そして

 

28歳で結婚して、8ヶ月目に夫が急死しました。

が〜〜〜ん! (//∇//)  です。

結婚してこれで人生安泰 !と思っていた私は大ショックでした。

 

しんどい数年を送り、この経験からわかったことは、

生きる力がなかったら、振り回されると言う事でした。

知識、技術、経験…  自分でやった事だけが、自分の力になる。

結婚したから大丈夫、大企業だから安心、組織にいるからOK、それは違う。

誰かに何かに頼るのではない、自分で自分を生きる力を持ちたいと

心から思いました。

 

そんな頃、庭咲きの、あばれるように咲く菊の花を頂きました。

菊

 

花を生ける時だけ心に陽が灯る想いがして

花の力は凄い、いつかこれを一生の仕事にしようと決めました。

時代が変わり、会社に大リストラの嵐が吹き荒れます。

毎月毎月送別会がある状況、私にも配置転換の辞令。。。

新しい部署で新しいことをするのなら、

手掛け始めていたスクールを本気でやってみようか?

と、退職、独立へ踏ん切りました。 2002年のことでした。

会社を辞めて花の教室を始める

 

順調だったのか、って? と~んでもない!!

 

デパートに花を卸しませんか? と度々誘われました。

アパレルに居た訳ですから、デパートの商売はよく知っています。

デパート販売は個人ビジネスには向いていませんが、

プリザーブドフラワーがまだまだ珍しい頃で、

勝機はあるのかも?。。。やってみたくなりました。

          
ですがやはり、材料は残るし、販売の人出はいるし、

商品の返品はあるし、入金は材料仕入れの半年後。。。回りません。。

            

卸のビジネスはとてもやっていけない、直販でないとダメ。

何かに頼る(この場合はデパート)商売をしてはダメだな~!!

自分で自分を伝え、売る力がないとダメなんだ!!。。。と

つくづく感じ、どうすべきか考えました。

自分が広告塔になって、人とつながり伝えていく戦略を考えました。

          
            
サロンとかお店とか、PTAとか生協とか、人を集めたい場へ、

レッスン企画を持ち込み、未来の生徒さんと出会うのです。

 

気に入って下さった方は入会され、また、お友達を連れて来て下さり

徐々に生徒さんは増えて行きました

デパート販売=卸販売 ではなく直接販売を目指し、

ウエディングを手掛けたいレストラン、花の需要がある組織、企業に

営業し続け、徐々に売上を伸ばしました。

この経験を元に 今 おけいこ先生のビジネス学校をしています

 

ビジネスに大事なもの:内なる自分

振り返ってみて、ターニングポイントは2つありました。

1つは、新婚8ヶ月目に夫が急死した時。

もう1つは、リーマンショック、東日本大震災の後に、

スクールの生徒が減り始めた時。。。

 

 

夫が急死したころ私は、相当参っていたのでしょう、

友人がとあるセミナーに連れて行ってくれました。

 

今思えばそれは、コーチング、というものでした。

 

全ては、自分次第である。

未来は、出来る出来ないではなく、実現するには? から始めようと。

悲劇のヒロイン状態の私はバカみたいに思え

花を自分の力に変える方法を模索し始め、週末起業、独立、と

未来へ歩き出す原動力となりました。

 

 

この思考は、自分を引っ張るだけではなく、

後年、おけいこ先生のビジネス学校にも役立つようになるのです。

当時は夢にも思いませんでしたが。

 

生徒が減っていく〜〜〜!体験、を生かすとどうなるか?

 

もう1つのターニングポイントは、

ずっと上り調子だったスクールの、生徒が減り始めた時です。

2011年の地震の後は、本当にどうしていいか、わからなかった (T . T)

 

 

そこで、2011年の秋から ビジネススクールに通い出しました。

30代の若い起業家達と共に学ぶ、新しい知識は刺激的でした。

 

ビジネスの立ち上げ方、拡げ方を学ぶ中で、

今まで自分が行ってきたことの理論的な裏付けが分かり、

ビジネススキルのおけいこ先生的な応用の仕方、と言いますか、

環境が大きく変化する中での、おけいこ先生の軸は何か? 何をすべきか?

分かるようになりました。

 

 

スクール運営の一連を体系化し、6ヶ月の講座として始めたものが

「おけいこ先生のビジネス学校」でした。

 

内なる自分を生かすと、スクールは上手く行く

約450人の先生を指導させてもらう中で、分かったことがあります。

先生とって、スクールは自分の分身です。人生です。

だから、ビジネス的なノウハウだけではなく、いかに生きるか? 何を求めるか?

。。みたいな、心の部分がとても大事です。

 

実は、マーケティング上の、強み、売りも自分の中にあるものです。
        
      
              

ビジネス的なノウハウだけマスターしても、上手く行かないのは、

心、内面、本当に求めているものを見ていないからです。

実際、自分が求めるものは何か? 真に掴んだ先生は、必ず成功します。

外面:スキル、知識  内面:志、心 両面から考える指導を、

常に考え、続けています。

         
        

20年やってきて思います、おけいこ先生はとても面白い仕事です。

       
          
                     

お嬢様か奥様の道楽、みたいな見られ方もありますが、

とてもユニークな個人のスクールは少なくありません。

 

あなたらしい生き方を追求すると、いいスクールになります、だから、

「やりたいことは、やりなさい!」父が私に言った言葉を、あなたにも贈ります。

 

ぜひ、おけいこの技をあなたの生きる力にして下さい。

そして、おけいこで幸せになる方(生徒さん)を増やしていって下さいね。

私も、頑張ります。共に頑張りましょう。

 

          
                  

ここまでお読みいただいてありがとうございます。^ – ^

私は、おけいこ先生のビジネス学校以外にも、セミナーや読書会を主催し、

不定期ですがプレゼンテーションをさせて貰い、

メールマガジンを書いています。

     
                        
お目にかかる機会がありましたら、嬉しいです。

 

 

あなたの人生が、豊かで実り多いものになりますよう!

ここまでお読みいただき、ありがとう!

おけいこ先生がスクール運営でも、人生でも、ずっと幸せに活動するために、

ステージ上げていくプロセスをメールマガジンで配信しています。

ぜひ、読んでみて下さいね!

登録はこちらから
https://okeikokigyou.com/mailmagazine/