おけいこ先生が、安易にウエディングをやってはいけない訳

スクールで利益が出せない先生は、ウエディングでも利益が出せない

スクールで収益が出ない方が、

販売で収益を上げるのは、かなり難しいと思います、と

書きました。

 

実は、ウエディングやブーケ製作も同様です。

 

教える仕事って、収益を出しやすい構造がある

 

①知識を売るので、教えることには

仕入れが発生しない。売り上げ=利益になる

 

②教えることは、1対10 1対10   1対1000 が可能。

製作は、1対1しかない

 

リピーターを創り育てることで、経営を安定させやすい。

教えることは、こんな風です。

対して、ギフトやウエディングは。。。

ギフトやウエディングは労力の割に収益が上がりにくい

 

①知識を売るので、売り上げ=利益になる

制作物を売るので、仕入れが要る 売り上げー原価=利益

②教えることは、1対10 1対10   1対1000 が可能。


製作は、1対1 労働集約型のビジネスです。

リピーターを創り育てることで、経営を安定させやすい。

ウエディングにリピートってありません。

ギフトも、単純に販売していたら、一期一会。

経営の安定にはアイディアが要りますね。

 

儲からないけど、やる! それでもいい!!

 

スクールは収益が上がりやすい構造がある。

ウエディングやギフトはには、それがない。

やっぱり、教えることに専念する、もよし、

儲けは薄いけど頑張る、それもアリです。

仕組みを考え、価値を作る、それも大アリです。

要は、構造を知り、自分が何をやりたいか知り、

選択しよう、と、いうことです。

好きだからやっています。。。でも、儲からない、

だと 疲弊してオワリ、になってしまう。

自分は何を望むのか? よく考えてみて下さい。

では、また!

Follow me!